キャビテーションって何?脂肪細胞を減らすことができるから痩せやすい

切らない脂肪吸引とも呼ばれている人気の痩身エステのキャビテーションですが、キャビテーションとはいったいどんなものなのかわからない方も多いかと思います。そこで、キャビテーションについてや施術中の痛みなどについて紹介したいと思います。

キャビテーションとは

キャビテーションとは、超音波によってできる泡を利用して脂肪細胞の数を減らすエステのことです。脂肪は、中性脂肪という中身を入れているカプセル状の脂肪細胞が集まってできています。この脂肪に超音波の振動をあてると泡ができて細胞膜と呼ばれるカプセルの膜になっている部分を破壊することができます。細胞膜が破壊されて流れ出した中性脂肪や細胞膜は、3日から4日かけて自然の代謝で消費や分解排出されます。つまり、脂肪細胞の数が減るので痩身効果が高いのです。今までは、脂肪細胞の数を減らすには、脂肪吸引の手術をするしかありませんでした。キャビテーションが登場したことで、切らなくても脂肪細胞を減らせるようになりました。本気で痩せたい方には、嬉しいですね。

キャビテーションの痛みについて

キャビテーションは、脂肪吸引のように切らないので痛みはありません。ほんのりと温かいかんじがするぐらいだから、痛みに弱い方でも施術を受けられます。体重に関しては、すぐに減る感じではありません。ゆっくりと脂肪細胞を減らして、少しずつ痩身していくので、効果が出るまでには、1ヶ月以上かかります。即効性は、ないので注意しましょう。それでも脂肪細胞が減ることにより、かなり体のラインがスッキリします。体重は、すぐには、減りませんが体の脂肪細胞が確実に減るので、脂肪が減り、美しいボディラインになることができます。脂肪細胞が減るのでリバウンドも少ないです。

キャビテーションは、脂肪細胞が減る

キャビテーションは、脂肪細胞を減らすことができるから、きれいなボディラインを作ることができます。脂肪吸引のように切る必要もないから負担も少なくておすすめです。今は、痩身エステで取り入れられているから、きれいなボディラインを作りたい方は、ぜひキャビテーションを受けてみて下さい。痛みもなく、脂肪細胞が減らせるからおすすめです。

参考:キャビテーション ランキング